ガンプラ・ミニ四駆作りに便利な持ち手・乾燥機・超音波洗浄機の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

ガンプラやミニ四駆のようなプラモデルを作っていると、プラモデル本体だけてなく、それを作るためのツールを揃えるのに結構な出費が発生します。模型用ツールは高性能でニッパーやドライバー辺りは妥協せずに模型用のものを購入することを強く推奨しますが、その他のツールでは代用が効くものも多いので、うまく活用してホビーライフを満喫しましょう。

持ち手の自作

塗装時に使用する、クリップに金属製または木製の軸が付いた持ち手。模型店でも売っていますがガンプラ作りには数が足りない上に少々お高い・・・。ここはワニクリップと竹ひごを使って自作しちゃいましょう。

ワニクリップはAmazonで大量購入できます。発送に時間がかかる点はあらかじめご了承を。竹ひごは100円ショップで適当な長さのものを購入しましょう。

ワニクリップをペンチで挟んで竹ひごに固定、ぎっちり固定すればそうそうズレません。単調な作業が続くので一気に作っちゃいましょう。

めんどい人は市販品を買おう

「作るのめんどい」という人は大人しく市販品を買いましょう。何でもかんでも DIYではなく、時には手間を惜しんで金で解決する、それが大人ってものです。

ベースになる台は猫の爪とぎで代用可

持ち手を作ったら、持ち手を突き刺すベースが必要です。ベースも市販のものがありますが、「猫の爪とぎ」で代用できますので作りましょう。

中身をおもむろに取り出し、

カッターで2分割して接着!

持ち手を挿してバッチリ!

猫の爪とぎはハニカム構造になっているので塗装ブースのフィルターとしても使用できます。至れり尽くせりですね。筆者は塗装ブースを半自作していますが、大人しく市販品を購入することをオススメします(筆者も購入予定)。

ドライブース(食器乾燥機)

塗装後の乾燥とホコリ除けに便利なドライブースですが、高価な上に販売を終了しているので食器乾燥機で代用するのが主流です。以前は4000円弱で買えましたが、いまは価格の変動が激しいので、安いと思ったら即購入することをオススメします。

筆者がドライブースとして長年愛用しているYAMAZENブランドの食器乾燥機です。ピンをカットして鉢床を敷いて使いやすく改良しています。

なお食器乾燥機本来の用途とは異なりますので使用については自己責任となります。熱が発生するものですので最悪火災の原因にもなります。気を付けましょう。

超音波洗浄機

眼鏡屋でおなじみの超音波洗浄機ですが、削りカスやコンパウンドの油分をガンガン落としてくれるので持っていると超便利です。ミニ四駆のブレークイン後の洗浄にも使えます。できるだけ大きなものを買いましょう。

筆者が購入したものはHGUCシャアザクがスッポリと入ります。ただ、中の網の目が大きくて細かいパーツが落ちてしまうので、注意が必要です。食器乾燥機と同様に価格の変動が結構あるので気を付けましょう。

賢い買い物でエンジョイホビーライフ!

意外と代用できるものが多いです。上手く使いこなせば安価でホビーライフが満喫できますよ。

ご注意

今回紹介したツールは製品本来の用途とは異なる用途で使用します。特に乾燥機や洗浄機のような電気を使用するものは説明書をよく読んでからご使用ください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください