芸能界プラモ女子(モケジョ)まとめ(随時更新)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

プラモ女子or模型女子、略して「モケジョ」。「趣味:ガンプラ」「趣味:ミニ四駆」を標榜する女性タレントは少なくないと思いますが、その中でも筆者が独断と偏見でチョイスした、トッププレイヤーと呼んで差し支えない皆さんを勝手に紹介していきたいと思います。

美しきモケジョ達

池澤春菜さん

アニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー」の主人公 星馬豪を演じた声優(一時期顔出しでバラエティ番組にも出演していました)です。劇中で愛車のマグナムが破壊されてしまったシーンでは、役に入り込みすぎたあまりに泣き崩れたのは有名な話。

超がつくガンプラマニアで有名で、月刊ホビージャパンに掲載されたMG 1/100サザビーの作例はリアルタイムで見て度肝を抜かれました。ミニ四駆も当然のごとく作り込んでいる様子で、ミニ四駆バーDRIBARの一日店長に就任されたこともある、ガンプラ・ミニ四駆どちらもハイレベルな絶対女王と呼んで差し支えないでしょう。

能登有沙さん

モケジョといえばこの方もホビージャパンで連載を持っていたことのある能登有沙さん。声優ユニットStylipsとして「ガンダムビルドファイターズトライ」のEDテーマ「迷々コンパスはいらない」を歌われており、ハロプロ出身ということもあって一般にも知名度は高いです。

能登さんの場合は、最初から明らかに技術のある(笑)池澤さんと違って、初心者から始まって技術が段々向上していく過程が見られるのが特徴的です。ホビージャパンでデュナメスのシールドにロックオンの顔を書いているのを見て凄いなと思ってました。

徳井青空さん

上記「爆走兄弟レッツ&ゴー」の15年後を描いた作品(の筈だったのですが・・・)、「爆走兄弟レッツ&ゴーReturn Racers」に登場する「翼」役の声優ですが、まあこの方はミニ四駆云々抜きに、某作品で超有名ですね。「ミニ四駆再入門ガイド」の表紙を飾られています。

人気声優でありながらプライベートで品川シーサイドに出向いてスタッフにもファンにも全く気付かれなかったという逸話の持ち主でもいらっしゃいます。

香坂きのさん

プラモデルアイドルの香坂きのさんは、お台場ガンダムベースでガンプラマイスターとしてご活躍のほか、全国で模型のイベントに出演されている正真正銘のプラモデルアイドルといっていいでしょう。エアブラシも当然のごとく使いこなし、ガチ度では池澤春菜さんに迫るものがあります。

筆者憧れの女性模型ライターであるオオゴシトモエさんともプラモイベントを共催しており、プラモデルアイドルとしては現状で頭一つ抜けた存在です。

かえひろみさん

香坂きのさんがプラモデルアイドル(ガンプラアイドル)なら、かえひろみさんはミニ四駆アイドルでしょう。筆者はジャパンカップで彼女がファンの方と写真を撮っているのを見かけました。

彼女のミニ四駆の作り込み具合は「単なるミニ四駆マニアの姉ちゃん」レベルですね(褒めてるつもり)。コンクールデレガンスでも入賞経験を持ち、取り組み具合はホンモノです。

まだまだいるぞモケジョ達

SNSやYoutubeを見ているとガンプラやミニ四駆(中にはスケールモデルも!)を作っている所を投稿しているアイドル・タレントさん、結構いらっしゃいますね。これは、という方については随時追加していく予定です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください