今更レビュー HG1/144セイバーガンダム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

「敵って誰だよ…」

今回のレビューはRGジャスティスガンダムを購入した後にノリと勢いで衝動買いしたHG1/144セイバーガンダムです。HG SEED DESTINYのキットということで実に10年以上前に発売したガンプラですが、プロポーション的には最新のガンプラと遜色ないように見えます。

安定のモナカ割り

img_9106

が、パーツ分割についてはやはりというかモナカ割りのオンパレードで、そのまま組んでもかっこ悪いので合わせ目処理が必要になります。この時期のガンプラはこれが当たり前だったんですわ…。

塗装は案外ラク?

img_9118

塗装に関しては複雑な塗り分けが要求されるのはシールドくらいなもので、丁寧にマスキングしてやれば難しくはない…という風に言えてしまうのは筆者が上達したからであって、多分リアルタイムで作っていたら火を噴いていた思われます。

img_9114

今回はメインカラーである赤をエアブラシで塗りつつ、キットでは再現できていない色をマスキングor筆塗りで地道に塗っていく作業の繰り返しになりました。一番苦労したのはやはりシールドでしょうか。エアブラシで吹いてマスキングテープ貼って切り出して吹いて貼って切り出して吹いての繰り返しでした。

一番の鬼門と思われる脚部アーマーの後ハメ加工については下記リンクを参考にしました。

「力を持つ者なら、その力を自覚しろ!」

img_9110-1

所々クリアランス調整をミスったのでプラプラになっている部分が多いですが、どうにか完成にこぎ付けました。

変形もできるぞ!

img_9123

いわゆるバードモード形式で変形できますが、変形途中でビームライフルの銃口部分が折れてしまったので(瞬間接着剤で修復してことなきを得ました)ビームライフルは付けてません。あとディスプレイスタンドが接続できる構造になっていないのでこういう構図でしか撮影できませんでした…。苦労したマスキングの成果をよく見てください。

フリーダムとの対決!

img_9122

アスランに迷いがあったのがよくなかったのか、本編ではバラバラにされて(若干キレていたとはいえコクピットは無事とはいえキラにしては容赦ない)そのまま退場してしまったセイバーガンダム。カッコイイんだけどな〜。

「戦争はヒーローごっこじゃない!」

img_9128

次回紹介する予定のHGCEフォースインパルスガンダムと背中合わせに。こういうシーンは本編には多分なかったです。

本編ではイマイチだがガンプラはかっこいいぞ

そういうわけでHG1/144セイバーガンダムのレビューをお届けしました。ベラボーに作りにくいというわけでもないのでHGCEフリーダム、HGCEインパルスと並べて飾ってみてください。

[amazonjs asin=”B0007WG3PC” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”HG 1/144 ZGMF-X23S セイバーガンダム (機動戦士ガンダムSEED DESTINY)”]

スポンサーリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください