ハマのガンダムイベントVol.2〜ヨコハマ、夏のあと〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

横浜スリーエスさんで筆者主催のガンダムイベントの第2回を開催しました。「だらだらとガンプラを作りながら飲もう!」というゆるゆるな企画の趣旨には一切手を加えておりません!

今回用意したガンプラたち。V作戦ですね!ボックスアートだけでも壮観だぜ・・・!

作ったガンプラを飾ってわちゃりました。アクションベースを持ってきたのでポージングが決まります。

今回は会場をお借りしたスリーエスのスタッフもガンプラ作りに参加。器用さに定評のあるスタッフさんが作ったRX-78ガンダムは丁寧な作りで出来がいいです。

参加者は前回よりも増えました。盛況うれしさ。

なぜ出てくる!?

筆者が1stガンダムの中でも3本の指に入る名シーンに数える第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」での一幕。ジオンの最終防衛線、宇宙要塞ア・バオア・クーにて、ついに対峙するアムロ・レイのガンダムとシャア・アズナブルのジオング。そして両軍のエースの間に割って入ってしまった学徒兵の操縦するザク。

「なぜ出てくる!?」

そう叫びながら、死にたくなければどいていろと言わんばかりにザクをシールドで押しのけようとするアムロのガンダム。だが、シャアのジオングの放ったビームがザクを貫いて・・・

「ああっ、ひ、火が・・・!母さん!!」

炎に包まれるコクピットの中で母の名を叫ぶ若者。無情にも爆散するザクを一瞥し、苦悶の表情を浮かべるアムロ。だが目の前に迫り来る最大の敵は感傷に浸る暇を与えてはくれない。本当の敵を討つために、アムロはここで死ぬわけにはいかないのだ・・・。

「しかし、私もニュータイプのはずだ」

という名シーンなわけです。最高でしょう?

第3回ガンダムイベント開催決定!

第3回の開催も決まりました!君は、生き延びることができるか・・・?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA