ミニ四駆PRO ゴッドバーニングサン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

コロコロアニキで好評連載中の「ハイパーダッシュ!四駆郎」に登場する「ミニ四駆の神童」ことタンクローの新マシン、ゴッドバーニングサンのレビューです。ハイパーダッシュマシンの第3弾として堂々の発売となりました。

太陽(SUN)と神童(SON)をかけているのか?

img_0449

当初のネーミングではバーニングゴッドサンだったはずがいつの間にかゴッドバーニングサンになっていました。それにしても「ゴッド」とは大きく出ましたね。海外での商品展開は大丈夫なんでしょうか(余計なお世話)。ゴッドサン(God Son)で「神童」とも読めますのでその辺の言葉遊びがネーミングの由来になっているのでしょう。

初の黄色Aパーツがウリ!

img_0450

ゴッドバーニングサンの特徴といえば兎にも角にも黄色のAパーツでしょう。MAシャーシのAパーツとしては初の色になるので、バラ売りが捗りそうな感じですわコレ。当然、滑りの良い低摩擦プラスチック素材を使用しているので実戦でも役に立ってくれる事でしょう。ホイールは相変わらず白です。バーニングサン(ミニ四駆PRO)付属のスパイクタイヤを履かせるとカッコイイんじゃないでしょうか。

ボディはちょっと浮いてる感じかも?

ボディはシューティングプラウドスター、ライズエンペラーと同じく、初代バーニングサンの現代版といった感じです。カスタマイズ性を考慮したのかシャーシから浮き上がる形で装着することになるのでバーニングサンのイメージとは少し違うかなという印象ですね。ダッシュマシンの中では一番車高が低かったと思いますので。気になる人は自分でシャコタンしなさいということでしょう。

バーニングサン(ミニ四駆PRO)との比較

img_0451

車高の低さに定評のあったバーニングサンとは異なり、シャーシから少し浮き上がった感じになっているのが見て取れます。なおハイパーダッシュマシン共通の弱点としてフロントステーを付けないとクラッシュした際にボディが破損しそうな形状であることが挙げられます。

カーボンパターンのステッカーがかっこいいぞ

img_0446

カーボン柄のステッカーがふんだんに使われており、ザウルスマシンの系譜に連なるメカニカルな意匠を引き立てています。墨入れをするとパネルラインがグッと引き立ちますのでオススメです。

成型色で足りない部分は説明書に準ずる形で塗装していますが、さほど目立たないのでステッカーのみでも十分カッコよく仕上がるでしょう。

ゴッドバーニングさん!

みたいな感じで萌え擬人化されないかな(願望)。

[amazonjs asin=”B01KZA26MY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”タミヤ ミニ四駆PROシリーズ No.44 ゴッド バーニングサン MAシャーシ 18644″]

スポンサーリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください