HG 1/144 Gセルフ・パーフェクトパック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

いけるよね?Gセルフ!

というわけでスーパーロボット大戦Xにも登場したGセルフ・パーフェクトパック装備型を作ってみました。丸っこくて可愛げな表情に似合わず最強ガンダムの一角を為すと言われる凶悪な性能をどこまでガンプラで再現できるのか…。

恋を知ったんだ!誰が死ぬもんか!

このGセルフの特徴といえばフォトンフレームという劇中の設定を再現したブルーのクリアパーツが豊富なところです。特にパーフェクトパックは高出力ということで、フォトンの光が関節から溢れ出しているイメージを表現するべく、要所要所にブルーでスミ入れをしています。

ポスカの青と水色を適当に混色してスミ入れし、はみ出し部分は綿棒でこすり取っています。塗膜の弱いポスカならではの技ですね。

これで撃つけど、これは牽制なんだ。誰も死ぬなよ!

ブルーのクリアパーツにはサファイアブルーをエアブラシで吹いていますが、写真だとわかりにくいですね。実物はキラキラと綺麗に反射してくれるのでオススメです。

人類の平和のためにも、故郷に帰ってください!

トワサンガ製ビームライフルはどうにも合わせ目が気になったので処理した上で塗装しています。サフを吹いた上でファントムグレーで塗装してからポスカで細部を塗装し、つや消しトップコート(水性)を吹いてツヤを整えました。ポスカはやり直しが効きやすいのでこういう細かい塗り分けが必要な場面では重宝します。

この高トルクパンチは!

「なぐりあい、宇宙」ですね。劇中では高トルクモード時にはカラーリングが緑色に変化しますが、そんなものは当然再現されていません。流用元になったGセルフは2014年製のキットなので関節はよく動きます。ポージングには苦慮しません。

だからだろ?チャレンジだ!今だけがその時だ!

本格的に作ろうとすると大変そうなキットですが、今回は細部塗装にとどめてサクッと作りました。「Gのレコンギスタ」は劇場版も控えており、要チェックな作品だと思います。ガンプラを作って公開に備えましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください