1/32 ミニ四駆REVシリーズ エアロバンキッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

ミニ四駆REVシリーズに待望の新作!人気マシン、バンキッシュのリニューアルキットがついに登場するぞ!!

という夢を見たんだ…

ポストホビー厚木店でバンキッシュJr.のボディセットを見てカッコいいなと思ったので作っているうちに「バンキッシュはミニ四駆REVではリリースされていないのか〜」と。

無ければ作る、それがミニ四駆だ!

というわけで、既存のミニ四駆REVシリーズのマシンとのミキシングビルドで仮想ミニ四駆REVシリーズ版バンキッシュを製作することになりました。

エアロアバンテが生贄に

ミキシングするマシンはエアロアバンテにしました。バンキッシュは元々RCカーとしてのアバンテの廉価版としてスタートした、いわば兄弟車なのでエアロアバンテを使用するのは必然と言えます。

エアロアバンテはフロント部分を流用。バンキッシュのフロントを切断してゼリー状の瞬着で固定し、瞬間接着パテを盛って成型しました。走行時の衝撃に耐えられるかは正直不明です。ダッシュ系モーターでコースアウトでもしようものなら真っ二つになるんじゃないでしょうか?(戦々恐々)

ボディをシャーシに引っ掛けるフロントのツメはエアロアバンテのものを適当に加工して瞬間接着パテで接合しました。瞬間接着パテはこの手の力技が可能なのでキメラボディ作りには重宝しますね。

カラーリングは青で!

エアロアバンテのステッカーを流用する関係でカラーリングは青メインにしました。コクピット部はガンメタル、リアはピュアブラックで塗装しています。塗装にはエアブラシを使いましたが、このくらいの塗り分けなら缶スプレーを使った方が簡単だったかもしれません。

ステッカーもきちんと活用。一部自作

ステッカーはバンキッシュJr.とエアロアバンテの両方から流用しています。インテーク前の隙間が間抜けな感じに見えたのでしつこいくらいにステッカーを貼っています。接合部の表面処理が甘い部分は上からステッカーを貼って誤魔化しました。これもミニ四駆作りの一つの知恵ですね。

ウイング部分のステッカーはキット付属の「MINI4WD STATION」とデカデカと描かれたものがしっくりこなかったのでAdobe Illustratorでロゴをトレースして自作しています。

GUPは青をメイン、アクセントに赤を

フロントとリアのバンパーはブルーのジェラルミンバンパーを使用しましたが、フロントのクリアランスを計算に入れていなかったので塗装後に目立たないように削りました。塗装が剥げましたが見えないところなのでご愛嬌です。

アクセントになるようにボールキャップは赤を使用しました。青の補色はオレンジですが、赤も近いですいし、作ってみてなんとなくしっくりきたのが赤なので赤でいいんです!(C)川平慈英

サイドマスダンパー用のプレートには裏表にメタリックのシールを貼ってフロント・リアとの調和を図りました。戦闘機的なフォルムになってかっこいいですね!

コンデレイベントに出すよ!

それと、リアのローラーとホイールをラウディーブルから流用しています。メタリックは映えるのでコンクールデレガンスにはもってこいです。

このマシンはタムタム相模原店のコンデレイベントに参加予定です。公式でも入賞経験のある方が出展されるイベントですので、お近くの方は参加されてはいかがでしょうか?(詳細はタムタム相模原店のアメブロ・Twitterでご確認ください)

総評:バンキッシュJr.かっこいい!

作ってみてわかったのですが、バンキッシュJr.って元々のデザインが鋭角気味で、インテークもちゃんと設けられているので、今風のデザインのミニ四駆と並べても全く遜色ないんですよね。この辺がミニ四駆REVのラインナップに乗らない理由なのかもしれません・・・。

ミニ四駆REVとして発売していないレーサーミニ四駆はまだまだありますので、機会をみて作ってみたいなとは思いました(切り貼りしたエアロアバンテの残骸を見つめながら)。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください